MENU

シミが出来る原因とは

シミができてしまうのはメラニンが活発に働くことですが、皮膚にどの様な刺激を与えることによって活発になってしまうのでしょうか。 一番に思いつくのが紫外線で、とくに波長の短いUVBが皮膚の細胞に直接刺激を与えてきますので、その細胞を守ろうとメラニンが反応し活発に働くようになってきます。 紫外線を浴びないようにケアをし、皮膚の新陳代謝が正常であれば次第に元の状態へと戻ってゆきますが、皮膚の細胞が傷つき異変を起こしてしまいますとメラニンを作る働きが活発になっているままなことから、お肌の老化が進むにつれシミが出てくるようになってきます。

またニキビ跡や肝斑など炎症した際にできてしまった跡もシミになってしまうケースがあり、お肌に炎症が起きてしまいますと改善させようと新陳代謝がよくなってきます。 その際に新しい細胞と一緒にメラニンの働きも活発し色素沈着も起こってしまうことから、ニキビだけではなく虫刺されや日焼けなどでも、しっかりとケアをしないとシミができてしまう原因にもなるのです。

この他に活性酸素が発生しますと刺激ホルモンが分泌されてしまい、それがメラニンの作り出すことにも繋がることから、ストレスや喫煙や飲酒など生活習慣にも影響していることも知っておきましょう。 シミにおすすめの美白化粧品

シミを予防するには

シミをできないように日焼け止めクリームをしっかりと塗り、紫外線対策をすることによって予防をすることができるというのも間違ってはいませんが、幾つかの原因が重なってシミになってしまうこともあることから、紫外線対策以外の予防法を知ってみましょう。

紫外線対策をしている時に日焼け止めクリームを付けていますが、付けた後はしっかりと洗顔をして落とさないとお肌が酸化をし吹き出ものができてしまったり、シミにもなってしまいます。 ただ洗顔中にも摩擦でゴシゴシと擦ってしまうのも皮膚にとっては刺激を与えることもあり、正面が傷ついてバリア機能が低下したりしますので、洗顔した時にも注意をしスキンケアもしっかりとしておきましょう。

また皮膚の表面からの刺激も含まれていますが、ストレスや食生活によってメラニンの働きを促す活性酵素の発生もシミになる原因となっていますので、ストレスを溜めないことやジャンクフードの食べ過ぎなどの食生活の乱れを正すことも必要です。

とにかくメラニンを活発に働かせないことが予防にもなることから、お肌への刺激を与えないで規則正しい生活と外出時の紫外線対策をするように努力することがベストですね。

シミ予防で美白化粧品を選ぶポイント

シミ予防で美白化粧品を選ぶには、自分のお肌の状態を確認してシミがまだできていなく、将来のための予防としてケアをしたい場合にはメラニン抑制効果がある美白化粧品を選びましょう。

外出時の紫外線ケアをしながらも化粧品を使うことによって、ダメージを最小限に食い止めておけばお肌が衰え始めてもシミの数も少なくなってきます。

シミができてしまって目立たなくしたい場合には、ハイドロキノンなど還元作用の効果がある美白化粧品を選ぶことによって、徐々にシミが薄くなり目立たない状態にまで改善することができます。 種類が多いことから迷うこともありますが、まだできていないシミの予防なのか、できてしまったシミをピンポイントで消してしまうのかといった目的別で選べば、自分に適したものがかなり探しやすくなってきます。

ハイドロキノンなど刺激の強い成分は扱い方によっては肌トラブルを起こしてしまうケースもありますが、医薬部外品の美白化粧品は厚生労働省の認可を受けたものであれば、販売前に臨床実験をされていることから美白効果としても期待できます。 最近では敏感肌用の美白化粧品も販売されていることから、肌質に合わせて選ぶことによってトラブルを抑えながらシミ予防もできますよ。

更新履歴