MENU

シミができる原因にはどんなものがある?

シミができてしまうのはメラニンが活発に働くことですが、皮膚にどの様な刺激を与えることによって活発になってしまうのでしょうか。
一番に思いつくのが紫外線で、とくに波長の短いUVBが皮膚の細胞に直接刺激を与えてきますので、その細胞を守ろうとメラニンが反応し活発に働くようになってきます。
紫外線を浴びないようにケアをし、皮膚の新陳代謝が正常であれば次第に元の状態へと戻ってゆきますが、皮膚の細胞が傷つき異変を起こしてしまいますとメラニンを作る働きが活発になっているままなことから、お肌の老化が進むにつれシミが出てくるようになってきます。
またニキビ跡や肝斑など炎症した際にできてしまった跡もシミになってしまうケースがあり、お肌に炎症が起きてしまいますと改善させようと新陳代謝がよくなってきます。
その際に新しい細胞と一緒にメラニンの働きも活発し色素沈着も起こってしまうことから、ニキビだけではなく虫刺されや日焼けなどでも、しっかりとケアをしないとシミができてしまう原因にもなるのです。
この他に活性酸素が発生しますと刺激ホルモンが分泌されてしまい、それがメラニンの作り出すことにも繋がることから、ストレスや喫煙や飲酒など生活習慣にも影響していることも知っておきましょう。