MENU

シミができないよう防ぐにはどうするか?

シミをできないように日焼け止めクリームをしっかりと塗り、紫外線対策をすることによって予防をすることができるというのも間違ってはいませんが、幾つかの原因が重なってシミになってしまうこともあることから、紫外線対策以外の予防法を知ってみましょう。
紫外線対策をしている時に日焼け止めクリームを付けていますが、付けた後はしっかりと洗顔をして落とさないとお肌が酸化をし吹き出ものができてしまったり、シミにもなってしまいます。
ただ洗顔中にも摩擦でゴシゴシと擦ってしまうのも皮膚にとっては刺激を与えることもあり、正面が傷ついてバリア機能が低下したりしますので、洗顔した時にも注意をしスキンケアもしっかりとしておきましょう。
また皮膚の表面からの刺激も含まれていますが、ストレスや食生活によってメラニンの働きを促す活性酵素の発生もシミになる原因となっていますので、ストレスを溜めないことやジャンクフードの食べ過ぎなどの食生活の乱れを正すことも必要です。
とにかくメラニンを活発に働かせないことが予防にもなることから、お肌への刺激を与えないで規則正しい生活と外出時の紫外線対策をするように努力することがベストですね。